ステージ4の癌はプロフェッショナルに迷わず相談

医者

免疫力でがんを治す

人体の「治る力」を利用

病棟

人間の身体の中では、平常時でも毎日数千個単位の細胞ががん化していると言われています。しかしながらほとんどの場合それらが疾病としてのがんに至ることはありません。体内にはリンパ球の一種である免疫細胞という細胞が存在します。免疫細胞にはがん細胞を見つけるとこれを攻撃し、無害化するという働きがあります。この働きのおかげで、日々の健康が保たれているのです。見方を変えれば、がんの発病とはがん細胞の増殖のペースが免疫細胞の攻撃能力を上回った状態だと言うことができます。現在、この免疫細胞の働きを積極的にがん撲滅に生かそうという治療法が実用化されています。それが免疫細胞療法です。免疫細胞療法はこれまでになかったアプローチによる新しいがんの治療手段として人気を集めています。

他のがん治療法を補完

免疫細胞にはがん化した細胞を見つけ次第攻撃する細胞や、自らは攻撃を行わないが他の免疫細胞に攻撃目標を伝達する役割を担う細胞など、いくつかの種類があります。免疫細胞療法ではそれらの細胞の力を高め、がん治療に役立てます。具体的には、患者自身の免疫細胞を採取して特別な環境下で培養・活性化したのち、再び体内に戻すという手法が取られます。治療法は注射や点滴のみと極めてシンプルであり、身体への負担が非常に少ないという特徴があります。免疫細胞療法は実証的なデータがまだ少なく、治療効果については未知数の部分も少なくありません。しかし現在では手術・抗がん剤投与・放射線治療のいわゆる三大療法を補完する治療法としての評価が定着しています。また完治後の再発防止策としても注目を集めています。