ステージ4の癌はプロフェッショナルに迷わず相談

医者

患者の負担が少ない

男性医師

健康な人でも一日に数千個の癌細胞が体内で生まれています。しかし人間には免疫システムが常に体を監視しているのです。そのため、異常な細胞を検知すると排除する働きが生じ頑として成長することを未然に防止しているのです。しかし、がん細胞の検知システムをくぐり抜けることを繰り返すと発症や進行を食い止めることが難しくなります。がん細胞の中には、免疫細胞の増殖を阻止する働きを持っているものもいます。そのため免疫力が働かなくなり、がん細胞が増殖していくのが癌です。しかし癌細胞に有効な免疫力を回復させることでがんを排除する働きを取り戻すことができます。この原理を利用した治療法が免疫細胞治療となります。自然治癒力を利用した治療法なのです。

免疫細胞治療は健康な部位にある細胞を摂取し活性化させます。体外で人工的に活性化させることは専用の薬剤や施設などを使用して行います。この中から活性化した免疫細胞のみを取り出し、患者に投与します。この繰り返しを行うのが免疫細胞治療です。癌細胞に侵されている面積が小さければ小さいほどこの投与の数は少なくて済みます。しかし癌に侵されている面積が大きければ、投与はしばらく続けなければ効果は表れません。もともと自分の体の中にある免疫細胞治療ですので、副作用はほとんどありません。一時的なアレルギー反応のような発熱などの症状は避けることはできませんが、今までの薬物治療と比較すると軽度なのです。手術などと並行活用することでさらなる効果が期待できます。