ステージ4の癌はプロフェッショナルに迷わず相談

二人の医師

副作用のないがん治療

院内

がん治療には副作用が伴うものがありますが、自分の免疫機能を高める事でがん細胞を消滅させるNK細胞療法には副作用がありません。他の治療方法と併用して治療効果を高めることもできます。NK細胞療法は健康保険は適応されませんが、医療費控除の対象になっています。

Read More..

ガンが進行した場合

進行段階で治療が異なります。癌のステージ4の治療情報を調べるなら、手術や抗がん剤治療のことがわかるこちらのサイトを見てみよう。

進行したガンとは

看護師

癌の進行具合は「ステージ」という言葉で表現されます。ステージは大きく分けて4段階になっており、進行していないものがステージ1、もっとも進行しているものがステージ4のとなっています。したがって癌のステージ4とは、最初に発生した場所から遠く離れた場所に転移した癌がみつかった状態や、転移がないとしても癌がその場で大きく成長している状態であり、残された時間が限られていることもよくあります。ステージ4で発見された場合は、手術をしてもその効果が見込めない場合が多くあります。そのような場合に抗がん剤や放射線などの治療を行うこともありますが、残された時間を有意義なものとするために積極的な治療を行わないこともあります。

残された時間の使い方

癌がステージ4だった場合、どのような治療を行うのか、もしくは積極的な治療は行わないのかは、本人の年齢や考え方、本人をとりまく環境や、家族の考え方によって変わってきます。どのような方法が良いということは断言できませんが、本人と家族が満足できる状態になることが一番の正解と言えるでしょう。もしステージ4の宣告を受けたのなら、家族や大切な人々と残された時間をどのように使うべきか十分に話し合い、本人も家族も悔いを残さないようにしたいものです。また、自分の身辺整理を行う人や、残された人々へ伝言を残したりする人もよく見られます。他界してしまった後では本人しかわからないことも多くありますので、遺言などがあるととても安心できます。

患者の負担が少ない

男性医師

免疫細胞治療は自分の体内にある癌細胞を排除する働きを持っている免疫細胞を活性化させることでがん細胞を排除させる治療法です。いったん低下した免疫力を再度向上させることで副作用の少ない治療ができるようになります。

Read More..

免疫力でがんを治す

病棟

免疫細胞療法はがん治療法の1つで、人体の免疫機構を強化することでがん細胞の撲滅を目指すというものです。患者自身の免疫細胞を活性化してがん細胞に対する攻撃能力を高めることを目的としており、身体への負担が軽く副作用もほとんどないことから注目されています。

Read More..